互換切り!?ソード・シールドに送れるのはガラル図鑑のポケモンのみ

ソード・シールド

ラビットです。

2019年6月12日のゲームイベントで、ゲームフリークの増田さんから衝撃の発言がありました。

それは「ポケモンホームとソード・シールドの間を行き来できるポケモンを、ガラル図鑑に登場するポケモンに絞ることにしました。」というものです。

つまり現段階では、ガラル図鑑に載っていないポケモンは過去作から連れてこられないということです。

◆ガラル地方に登場が確定しているポケモン一覧はこちら↓

ソード・シールドに登場が内定済みのポケモンまとめ

今回は増田さん、そして大森さんの発言をできる限り正確に文字起こししたので、詳細を知りたい人はぜひ参考にしてください。

◆動画はこちら(該当箇所から再生されます)↓

21 Minutes of Pokémon Sword & Pokémon Shield – Official Gameplay | E3 2019

ソード・シールドに送れるのはガラル図鑑のポケモンのみ

以下が、増田さんと大森さんの発言をできる限り正確に文字に起こしたものです(言い間違いなどはカットしています)。

増田

ポケモンホームは、ポケットモンスターシリーズとポケモンGOのポケモンたちを集めることが新しいサービスで、もちろんこのソード・シールドとも連動します。

増田

ただしここで、これまでポケモンバンクのサービスをご利用していただいてるファンの皆さんに、ちゃんとお伝えしたいなと思ってることがあります。

増田

これまでのポケットモンスターシリーズは、例えばサン・ムーンではアローラ図鑑に含まれていないポケモンも、全種類をポケモンバンクから連れてくることができました。

増田

ハードがNintendo Switchになって、ポケモン1匹ずつに対しての表現自体も非常に豊かになりました。

増田

もうひとつ、ポケモンは今では図鑑番号でいうと800を超えてます。

増田

その中で、1匹ずつ大切にクオリティを上げて、バトルバランスもとって、限られた開発期間の中で最新作をお届けするためにどうするかっていうのは、長い間議論を重ねてきました。

増田

その結果、今作から対応方針を変えることにしました。

増田

つまりですね、ポケモンホームとソード・シールドの間を行き来できるポケモンを、ガラル図鑑に登場するポケモンに絞ることにしました。

増田

冒険の舞台に合わせて、こだわって登場するポケモンを決めています。

増田

さらに詳しい話は、今後の取材とかインタビューでちゃんと説明していきたいと思います。

増田

ただ、ポケモンバンクをご利用してくださってるファンの皆さんには、少しでも早くお伝えしたいなと思って、本日お伝えさせていただきました。

質問者

Let’s goピカチュウ・Let’s goイーブイでたくさん色違いのポケモンを探して捕まえているんですけれども、それらのポケモンがガラル図鑑に登場するのであれば、ホームから転送するっていうのが・・・?

増田

そうですね。

ホームを経由して連れてくることができます。

大森

もちろんですね、今作のガラル地方でも、まだ見ぬ新ポケモン含めてかなりのポケモンが出てきますし、ゲームのボリュームとしてもかなりの満足いただける量になっています。

大森

ガラル図鑑を完成させるのも非常に大変だと思うんですけども、皆さん頑張って集めてほしいなと思います。

まとめ

増田さんと大森さんの話をまとめると、

  • ポケモン1匹ごとのクオリティを上げてバトルバランスをとるために、ガラル図鑑に載っているポケモン以外はポケモンホームから連れてこられない
  • ガラル地方には、図鑑完成が大変なほどたくさんのポケモンが登場する
  • 詳しいことは、今後のインタビューなどで発表予定

となります。

気になるのは「今作から対応方針を変えることにしました。」というひと言。

”今作から”ということは、今後のシリーズでもその地方の図鑑のポケモンしか使えないという意味にもとれますからね。

そして、自分の好きなポケモンがリストラされないか不安な人も多いと思います。

◆好きなポケモンが登場するかは、こちらの記事で確認できます↓

ソード・シールドに登場が内定済みのポケモンまとめ

ポケモンは1匹1匹に熱心なファンがいるものなので、いずれはすべてのポケモンを送れるようにしてほしいところですね。

ネットでは「互換切りふざけんな!」と荒れていますが、ひとまず続報を待つことにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。