ゆっくり実況でもテキスト動画でもないのにYouTubeが収益化無効に

その他

ラビットです。

本日(2019年4月20日)、YouTubeのゲームチャンネルが収益化無効になってしまったので、その原因と今後のことについて書きました。

同じように収益化が無効になってしまった人や、今後が気になる人はぜひ読んでみてください。

◆動画でもお話ししました↓

【悲報】ゆっくり実況でもテキスト動画でもないのに収益化が無効になりました

収益化が無効になった原因

2019年4月に入り、YouTubeの収益化の基準が変わりました。

ゆっくり実況やテキスト動画は収益化対象外に

今回の変更で、

  • ゆっくり音声を使用した動画
  • テキストスクロール動画
  • 静止画中心の動画

などが収益化の対象外になったようです。

特にゆっくり動画の収益化停止は、ゲーム実況者やファンにとっては衝撃ですよね。

現在、お客様のチャンネルは収益化の対象外です。

では、僕がゆっくり動画やテキスト動画をアップしていたかというと、そんなことはありません。

最近は顔出しをして、自分の声でゲーム実況をした動画を配信したり投稿しています。

それだけに、今回の収益化基準の変更は「自分には関係ない」と思っていました。

2019年4月20日。

いつものようにYouTubeの管理画面にアクセスすると、画面上部に

現在、お客様のチャンネルは収益化の対象外です。

という文字が。

一瞬目を疑いましたが、詳細を見てみると、そこには

との表示が。

本当に、動画からの広告収入を受け取れなくなってしまったようです。

もちろんスーパーチャット(投げ銭)も無効です。

「繰り返しの多いコンテンツ」なのが原因

どうやら僕のチャンネルの収益化が無効になった理由は、「繰り返しの多いコンテンツ」だったからのようです。

これだけだとよく意味がわからないのですが、要は「価値のない動画を大量にアップしないでね」といった感じでしょうか。

ひどい言われようです。

一瞬ムカッときましたが、考えてみると1つ思い当たることがありました。

それは、ゲームチャンネル立ち上げ当初、大量にアップしていたポケリフレ動画(ポケリフレとは、ポケモンと触れ合うことができるミニゲームのようなもの)です。

こんな感じで、いろいろなポケモンの動画を大量にアップしていました。

この頃は顔出しはもちろん、実況もせずに1〜3分の動画を数百本投稿していました。

これが「価値のない大量生産動画」と判定されてしまったのだと思います。

他のチャンネルも・・・

「ポケリフレ動画をアップしている他のチャンネルはどうなんだろう?」と疑問に思い見てみると、

  • 広告がまったく表示されない
  • 1週間ほど更新が止まっている

という状況でした。

これは僕の勝手な推測ですが、このチャンネルも「繰り返しの多いコンテンツ」という理由で収益化が無効になり、「お金にならないならやめるか」と動画を更新しなくなったのではないでしょうか。

他にもポケモンのイベントシーンを実況・解説なしでアップしているチャンネルがありますが、そのチャンネルは広告が表示されていました。

しかしこの流れでいくと、こういった単なるイベントシーンの動画が収益化無効になるのも時間の問題だと思います。

誰がやっても同じような内容になるものはNG?

今回のことから僕が推測するのは、

  • 誰がやってもほぼ同じ(またはまったく同じ)内容になるもの
  • 短く、似た内容の動画を大量投稿すること

はNGなのではないかということです。

正直、ポケリフレ動画は誰がやっても同じような内容になります。

また、1〜3分と短く、似た内容(ポケモンの種類が変わるだけでやることはほぼ同じ)の動画を数百本投稿していました。

テキスト動画も誰が作っても同じような内容になります。

ゆっくり動画は、内容にオリジナリティがあっても、音声にオリジナリティがないのがYouTube的にNGと判断されているのでしょう。

ゲームのイベントシーンに関しても、誰がやってもほぼ同じ内容になるので、今後危険ですね。

これからは実況解説を加えて、オリジナリティを出していく必要がありそうです。

今後について

収益化が無効になったショックから、YouTubeでの活動をやめてしまう人も多いと思います。

ですが僕は、今までどおり配信や動画投稿を続けていきます。

その方が、結果的に得だからです。

今までどおり配信・動画投稿は続けます

繰り返しになりますが、ゲーム配信・動画投稿は今までどおり続けていきます。

その理由は3つありまして、

  • お金のためではなく、楽しくてやっているから
  • 楽しみにしてくれる人たちがいるから
  • 1ヶ月後の再申請に向けて、1人でも多くファンを獲得したいから

です。

確かに、YouTubeからの広告収入(月数万円程度ですが)がなくなるのは痛いです。

それでも活動を続けることで、ファンを獲得し、僕自身の価値を高めることができると思っています。

そして1ヶ月後の再申請が通った場合は、今より多くの広告収入が得られるようにしたいですね。

そのための「種まき期間」というわけです。

実況が入ってない動画は順次削除

収益化無効の原因だと思われる動画の削除も行ないます。

具体的には実況が入ってない、単なるゲームプレイ動画です。

最近は顔出しでゲーム実況をやっていますが、チャンネルの立ち上げ当初は顔出しや実況なしの動画を大量にアップしていました。

ですので、それらの動画を順次削除して、実況・解説付きの動画だけを残そうと思います。

1ヶ月後に収益化の再申請をする

幸いなことに、一生収益化が無効化されたわけではありません。

1ヶ月後に、収益化の再申請をすることができるのです。

再申請の前に、問題のありそうな動画を削除しておきましょう。

そうでないと、再申請が却下されてしまう恐れがあるからです。

再申請が済んだら、また報告しますね。

まとめ

今回とても残念なことになってしまいましたが、これはYouTubeというものを使わせてもらっている以上、仕方がありません。

いくら納得いかないことがあっても、YouTubeが「駄目です」と言えば駄目なのです。

それを理解したうえで、YouTubeのルール変更にも柔軟に対応できるように努力していきたいですね。

さて、今回の話をまとめると

  • 誰がやってもほぼ同じ内容になるものはNG
  • 似た内容の動画を大量にアップするのはNG
  • もし収益化無効になったら、問題の動画を削除する
  • 活動は続けた方がいい
  • 1ヶ月後に収益化の再申請をする
  • YouTubeのルール変更に柔軟に対応する

となります。

もしよければ、YouTubeをチャンネル登録して、応援のほどよろしくお願いしますm(_ _)m

チャンネル登録

少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。