【ポケモン育成入門】種族値、個体値、努力値とは

種族値=ポケモンの種類ごとの強さ

種族値とは、簡単に言うと

ポケモンの種類ごとに設定された能力の高さ

のことです。

アルセウスが強いのは、種族値が高く設定されているからなんですね。

逆にヒマナッツなんかは、種族値がかなり低く設定されているので弱いです。

このように種族値というのは、ポケモンの強さに直結します。

わかりやすいように、動物で考えてみましょう。

例えば、

  • チーターは足が速い
  • クマは力が強い
  • 人間は賢い

というように、動物ごとに特徴がありますよね?

これを種族値に置き換えると、

  • チーターはすばやさの種族値が高い
  • クマはこうげきの種族値が高い
  • 人間はかしこさの種族値(ポケモンにはありませんが)が高い

といった感じになります。

何となくわかりますかね?

種族値の調べ方

種族値はゲーム内や攻略本でザックリとはわかりますが、正確に知るにはネットで検索するのがおすすめです。

「ポケモン名 種族値」といった感じで検索すればOKです。

試しに「ピカチュウ 種族値」で検索すると、このようなページが出てきました。

ポケモン徹底攻略より(https://yakkun.com/swsh/zukan/n25)

数字が大きいほど能力は高く、70〜80くらいが平均です。

つまりピカチュウの場合”すばやさはやや高いが、それ以外の能力はかなり低い”と言えますね。

ポケモンバトルで勝つためには、”種族値の高いポケモンを選ぶ”というのも非常に重要です(もちろん”好きなポケモンを選ぶ”のも大事ですよ!)。

ぜひ色々なポケモンの種族値を調べてみてください。

余談:”600族”って何?

余談ですが、”600族”とか”すばやさ130族”みたいな言葉も軽く解説しましょう。

”600族”とは、すべての能力の種族値の合計が600であることを指します。

ピカチュウの種族値合計が320ということを考えると、600族はかなり強いポケモンだと言えますね。

例えばバンギラス、ガブリアス、サザンドラなどが600族です。

”すばやさ130族”はそのままの意味で、すばやさの種族値が130であることを指しています。

つまり、すばやさがかなり高いという意味です。

例を挙げると、サンダース、ミュウツー、クロバットなどがすばやさ130族ですね。

個体値=個人差

続いては、個体値についてです。

個体値を簡単に説明すると、

同じ種類のポケモン間での個人差

といった感じになると思います。

個体値があることで、同じレベルの同じポケモンでも微妙な能力の差が生まれるんです。

わかりやすく、人間で例えてみましょう。

ここにAさん、Bさん、Cさんという3人がいるとします。

この3人は同じ”人間”という種類の生き物ですが、それぞれの能力には差がありますよね?

Aさんは頭がよく勉強が得意ですが、逆にスポーツは苦手です。

Bさんは勉強は苦手ですが、運動神経がよくスポーツ万能。

Cさんは勉強も得意なうえに、スポーツも万能。

おまけに顔も性格もよくて…みたいな感じです(世の中は不平等やで)。

ポケモンでも同じことが言えます。

ピカチュウの強さ(能力の傾向)は種族値で決まっていますが、ピカチュウ同士にも個人差があるんです。

ピカチュウAはこうげきが高いが、すばやさが低い。

ピカチュウBはこうげきは低いけど、すばやさが高い。

ピカチュウCはこうげきもすばやさも両方高い。

さらにぼうぎょ、とくこうも高くて…みたいな感じです(世の中は不平等やで)。

そしてバトルガチ勢は、Cのようなピカチュウが手に入るまでタマゴを孵化したり、捕まえてはリセットを繰り返したりするんです。

これがいわゆる”厳選”というものですね。

ちなみに最近は”きんのおうかん(ポケモンの全能力の個体値をMAXにできる道具)”などが登場したので、厳選をしなくても個体値の高いポケモンを使うことができるようになりました。

個体値の調べ方

捕まえたポケモンの個体値をチェックしたい場合は、ジャッジ機能を使いましょう。

ソード・シールドのジャッジ機能は”ボックスで+ボタンを押す”と使えます(バトルタワーのランクを”モンスターボール級”にする必要あり)。

これで個体値がどれくらいなのかを、”さいこう”とか”ダメかも”といった言葉でざっくり教えてくれます(それぞれの言葉の意味は以下のとおり)。

余談:”6V”って何?

ジャッジ機能だと個体値はざっくりとしかわかりませんが、実はそれぞれの能力に0〜31が設定されています(詳しい個体値が知りたい場合は、個体値カリキュレーターなんかを使ってみてください)。

そして”6V”とは、HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6つの個体値が31であることを言うんです。

これがもし”4V”だったら、4つの能力の個体値が31であるということになります。

ちなみにこれは余談の余談なんですが、個体値31を”V”と表現するのは32進法からきているようです(詳しくはググってね)。

努力値=どの能力を鍛えたか

近日更新

努力値については、こちらの記事でも軽く解説しております。