バトルアリーナ コゴミ攻略方法【ポケモンエメラルド】

第3世代バトルフロンティア

ラビットです。

こちらは、ポケットモンスターエメラルドのバトルアリーナ攻略についての記事です。

バトルアリーナの基本ルール攻略のポイントコゴミの使用ポケモンなどをまとめましたので、「金シンボルを獲りたい!」という人はぜひ参考にしてください。

バトルアリーナとは

バトルフロンティアの施設の1つで、プレイヤーの闘志が試されます。

フロンティアブレーンであるコゴミに勝つと、ガッツシンボルが獲得できます。

ポケモンの交代ができず、判定で勝敗が決まることがあるのが特徴です。

基本ルール

バトルアリーナの基本ルールは、

  • ポケモンの交代ができない
  • 3ターン以内に決着がつかない場合、判定で勝敗が決まる
  • 7戦勝てば、1周クリア

といった感じです。

攻略のポイント

バトルアリーナ攻略のポイントは、

  • ポケモンの並び順に注意する
  • 効果的な技を出す
  • アタッカー型のポケモンを使う

という感じです。

1つずつ詳しく解説していきますね。

ポケモンの並び順に注意する

バトルアリーナでは、ポケモンの交代ができません。

ポケモンが倒された場合も次に出すポケモンが選べず、自動的に2番手のポケモンがバトルに出ます。

つまり、先頭→2番手→3番手の順にポケモンがバトルに出されるわけです。

そのため、ポケモンの並び順は慎重に決める必要があります。

具体的には、先頭は技範囲の広いポケモン、2番手には先頭ポケモンの弱点を補えるポケモン…といった感じで並び順を決めていきます。

僕の場合は、先頭を特殊技メインのスターミーやラティアスにしていたので、2番手は物理技メインのポケモン(メタグロスなど)にしていました。

こうすることで、特殊技では対処しにくいハピナスなどを、2番手のポケモンで倒しやすくなります。

また、「だいばくはつ」や「みちづれ」などの自滅系の技を使うポケモンは、3番手に置かないようにしましょう。

ラス1で自滅系の技を使うと、こちらの負けになってしまうからです。

効果的な技を出す

バトルアリーナでは、3ターン以内に決着がつかない場合、判定によって勝敗が決まります。

判定は「こころ」「わざ」「からだ」の3つの項目で行われます。

それぞれの項目は「○」が2点「△」が1点「×」が0点で評価され、合計点が高い方が勝ちとなります。

ちなみに同点だった場合は、自分も相手も負け扱いとなります。

それぞれの項目については以下のとおりです。

こころ

攻撃技を出した回数が評価されます。

積極的に攻めていきましょう。

ちなみに「ねこだまし」は防御技としてみなされるので、注意しましょう。

わざ

相手の弱点をつけたかが評価されます。

効果抜群の技をたくさん出せば評価が上がり、今ひとつや効果なしだと下がります。

なお、「まもる」などを使われた場合、評価の変動はありません。

からだ

バトル開始時のHPをどれだけキープできたかが評価されます。

HPを減らされた割合が低いほど、評価が上がります。

アタッカー型のポケモンを使う

長くても3ターンで勝敗が決まるというルールの性質上、耐久型のポケモンは活躍が難しいです。

攻撃や特攻が高いアタッカー型のポケモンで、一気に勝負を決めることをおすすめします。

多くのポケモンの弱点をつけるように、色々なタイプの攻撃技を覚えさせておきましょう。

代表的な物理アタッカー

カビゴン、ヘラクロス、ラグラージ、ボーマンダ、メタグロスなど

代表的な特殊アタッカー

フーディン、ゲンガー、スターミー、ラティアス、ラティオスなど


ちなみにケッキングも物理アタッカーとして優秀ですが、特性「なまけ」が足を引っ張り、バトルアリーナでは不向きです。

アリーナキャプテン コゴミ攻略

4周目と8周目のラストには、アリーナキャプテンのコゴミが登場します。

コゴミに勝利するとガッツシンボルがもらえます。

4周目が銀、8周目が金シンボルです。

4周目と8周目では、コゴミの使用ポケモンが異なるので注意しましょう。

◆コゴミ 銀シンボル・金シンボル戦動画はこちら↓

【バトルアリーナ】コゴミ 銀&金シンボル戦まとめ【ポケモンエメラルド】

コゴミの使用ポケモン(銀シンボル時)

ポケモン名タイプ持ち物
ヘラクロスむし
かくとう
カムラのみメガホーン
がんせきふうじ
こらえる
きしかいせい
ブラッキーあくたべのこしだましうち
サイコキネシス
のしかかり
あやしいひかり
ヌケニンむし
ゴースト
ひかりのこなシャドーボール
おんがえし
つばめがえし
あやしいひかり

ヌケニンの「ふしぎなまもり」は、効果抜群の技しか受けないという厄介な特性です。

必ず弱点をつけるポケモンを用意しておきましょう。

回避率を上げる「ひかりのこな」を持っているので、「つばめがえし」などの必中技がおすすめです。

コゴミの使用ポケモン(金シンボル時)

ポケモン名タイプ持ち物
ブラッキーあくカゴのみすてみタックル
サイコキネシス
あやしいひかり
ねむる
ゲンガーゴースト
どく
たべのこしサイコキネシス
さいみんじゅつ
ゆめくい
みちづれ
キノガッサくさ
かくとう
ラムのみきあいパンチ
ギガドレイン
ずつき
キノコのほうし

おすすめポケモン

スターミー

技範囲が広いので多くのポケモンの弱点がつけ、判定でも有利です。

終盤はやや火力不足感があったため、ラティアスを使っていました。

ラティアス

高い耐久を活かして「めいそう」を積んだり「じこさいせい」で回復しつつ戦います。

単純にアタッカーとして使うなら、ラティオスの方がいいですね。

攻撃技を「ドラゴンクロー」と「サイコキネシス」にすると、はがねタイプがキツいです。

どちらかを削って「なみのり」を採用してもいいかもしれないですね。

金シンボル戦では、コゴミのポケモンを3タテしてくれました。

ボーマンダ

能力が高く、技範囲が広いのが魅力です。

特性「いかく」で物理技のダメージを軽減できるのもおいしいです。

メタグロス

能力が高く、耐性も多いです。

2番手に置いて「だいばくはつ」してもらう場面も多かったです。

「コメットパンチ」の命中の低さと範囲の狭さがネックですね。