【厳選】初代ポケモンのヤバすぎるドット絵15選【ポケモン赤緑青】

赤・緑・青・ピカチュウ

どうも、ラビットです。

今回の記事では、初代ポケモンのヤバすぎるドット絵を15個紹介します。

今の綺麗なグラフィックからは考えられないほど、ツッコミどころ満載となっていますので、楽しんでいただければ幸いです。

なお選出は赤・緑・青バージョンから厳選したものとなっています(ピカチュウバージョンはドット絵の完成度が高いため)。

動画で見たい方はこちら▼

ヤバすぎるドット絵15選

最初に1つ補足しておくと、赤・緑開発時は先にドット絵を作り、それを元に公式絵が作られたそうです。

それを踏まえても、なかなかの強者揃いなので早速見ていきましょう。

アーボ

まずは赤・緑のアーボです。

「誰!?」って感じですねw

口めっちゃ開いてるし、黒目すぎる!

初代をやったことがない人は、下手したらこれがアーボだと気づかないかもですね。

プクリン

続いては可愛いイメージの強いプクリン。

怖っ!

左右の目の大きさが違いすぎて、ずっと見ていると精神的に不安定になりますねw

確かに「モンスター感」はありますが、最近の可愛らしいデザインに慣れてるとホラーですよね。

ゴルバット

続いてはもはや”伝説”と化している、青版のゴルバットです。

ヤバすぎますね、これはw

まず舌の向きがおかしいし、目も顔からはみ出しています。

パーツのズレた福笑いみたいになってますw

青版のドット絵は躍動感があるものが多いのですが、それが裏目に出ていることもありますね…。

マンキー

続いては赤・緑のマンキー。

こちらも「誰!?」って感じですねw

体と手足の境目もよくわからないですし、尻尾も傘の持ち手みたいになってます。

顔に関しては、コアラのマーチみたいにプリントされてるように見えますねw

ちなみにピカチュウ版のドットは、歴代1と言ってもいいくらいかっこよくなっています。

カイリキー

続いて、赤・緑のカイリキー。

足短っ!!

顔よりも足の方が短いという、驚異の短足。

またドットでは手の指は4本、足の指はなしとなっています。

公式絵では手の指は5本、足は足袋を履いたような感じに変更されていますね。

またデデデ大王のような唇も、公式絵で追加されています。

ベトベター

続いては青のベトベターです。

完全にアゴ外れとりますねw

さらによく見ると、目の視点が定まってません。

しかし不思議なことに、ずっと見てるとだんだん可愛く見えてきませんか?w

なかなか中毒性のあるドットですね。

パルシェン

続いては青のパルシェン。

赤・緑のドットや公式絵では貝殻が縦ですが、青ではなぜか横になっています。

まぁこの世の中には色々な人がいますし、パルシェンにも色々いるのでしょう。

みんなちがって、みんないい。

キングラー

続いてはヤバいというほどではないですが、青版のキングラーを紹介します。

さぁ、このドットを見て何か気づきましたか?

キングラーといえば片方だけデカくなったハサミですが、このドットでは両方デカくなってます。

先ほどのパルシェンのように、これも個性ということなんでしょうか。

ちなみに、図鑑でハサミの大きさについて言及されたのはピカチュウ版が初のようです。

そのため、この段階では片方のハサミだけデカいという設定が固まってなかったのかもしれないですね。

タマタマ

続いては青のタマタマ。

真ん中のやつデカ過ぎん!?w

恐竜のタマゴくらいありそうですね。

さらに真ん中のやつがデカいせいか、取り巻きもいつもよりイキってるように見えるのは僕だけでしょうか…w

ちなみに上記の公式イラストは赤・緑の頃のものなんですが、青版の発売に伴って別パターンの公式絵も登場しました。

それがこちら↓

これなら青版のドット絵に近いですが、それにしてもデカすぎますよねw

ナッシー

続いては進化系のナッシー。

こちらも青のドットです。

照明の当て方が「うらめしや〜」の感じですねw

さらに両サイドの顔がおぞましすぎる…。

「見たら死ぬ絵」の中に紛れ込んでても違和感なさそうです。

ドガース

続いて、青のドガースです。

デコにドクロマークが付いてます!

本来はお腹に描かれているはずなんですが、印刷ミスでしょうか?w

上記のパルシェンやキングラーと同じように、個性の重要性を訴えているんでしょうかね?

ラッキー

続いてはポケセンの受付にいることでもお馴染みのラッキー。

青版のドット絵なんですが…。

まず目が完全にイっちゃってますねw

そして不敵な口元に、洋梨のようなフォルム。

こんなのがポケセンの受付にいたら、回復するの躊躇っちゃいますね。

イーブイ

続いてはピカチュウと肩を並べるほどの人気ポケモン。

イーブイの青のドットです。

…どちら様でしょうか?

まず耳の形や長さがおかしいですし、なんか悪そうな顔ですよねw

特に口角の上がり方なんか、悪役そのものです。

あとは心なしか足が長めですね。

オムナイト

続いてはオムナイトの赤・緑のドットです。

目ギンギン過ぎないか!?w

これじゃ指名手配犯みたいですね。

公式イラストを作成する際、「さすがにこの目はヤバくね…?」みたいなやりとりがスタッフ間であったんでしょうか?

公式イラストでは、黒くて丸い可愛い目になっています。

ファイヤー

トリを飾るのは伝説ポケモンのファイヤー(鳥だけに)。

赤・緑のドットです。

なんかダサい…。

ファイヤーといえば「にらみつける」ですが、この目で睨まれても怖くなさそうですね。

そして散々「にらみつける」をネタにされたファイヤーさんですが、青版では驚異の大変身。

それがこちら↓

目鋭っ!

「お前ら俺のことバカにしたよな?」と言っているかのような鋭さです。

なお、ファイアレッド・リーフグリーンのファイヤーのドット絵はめっちゃかっこいいので、機会があればチェックしてみてください。

まとめ

ということで、初代のヤバすぎるドット絵を厳選して15個紹介しましたが楽しんでいただけましたか?

後ろ姿のドットがヤバいやつや、金・銀でのドットがヤバいやつもいるので、続編もできればと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。